営業リストの管理

営業リストの管理

営業リストの管理 最近では、会社の営業活動に営業リストというものを使うことが多いようです。
この営業リストは大抵の場合、一度でも訪れたことのある取引先の会社名や住所などの情報が出ています。営業活動の取引の情報が出ているということになりますので、会社にとってそれはとても大事な情報であると言う事が出来ます。それゆえもし社内で紛失するという様なことがあると、大きな損失につながる可能性が出てきます。紛失してしまうと、取引先の情報が分からなくなってしまうのでそれまでと同様に取引を行うことが出来にくくなってしまうでしょう。その結果、取引先に対して会社の印象を悪くしてしまったり、最悪の場合には取引を中止させられてしまったりする可能性もあります。
その様なことを避けるためには、営業リストの価値をよく考えて社内においてしっかりとした共有管理を行うということが必要になるかもしれないです。大抵の場合営業リストはパソコン上で管理されていますので、会社の人がだれでもいつでも見られるように共通の場でパスワードなどを使って管理するということが考えられます。

営業リストから見る営業マンの評価と方向性

営業リストから見る営業マンの評価と方向性 営業リストの構築は実際に現場で顧客まわりをする営業マンを評価する材料になり、それをもとにより戦略的な動きにつなげる営業展開に役立てることができます。
リストは必然的に社内で共有されることになるので、担当営業を振り分けたうえでだれがどの会社の担当なのかが社内全体で把握できます。実際の成果も担当営業別に把握することもでき、未達成の部分の補強の検討など、細かな分析にも役立ちます。さらに営業リストの中で営業マンに対する現実的な評価も行うことができ、目に見える成果は次につながる案件を達成するためのモチベーションにもなります。目に見える実績は、厳しい部分もあります。弱い部分をさらになくしていくために、リストの中からエリアの交代や担当営業の移動などを考慮した配置転換も考えられます。担当営業は様々な分析や営業の行動分析なども含め、会社による最適な役割分担も可能になります。社内情報の共有によって、各担当者による横のつながりにも利用できます。

新着情報

◎2022/10/26

情報を更新しました。
>営業リストはクラウドで管理が主流になってるって本当?
>営業リストの違法な売買を行う事件について
>リスクを知って適切な管理を!営業リストの漏洩対策
>営業リストが窃盗グループに渡るとどんなリスクがあるにかについて
>営業リストを売買することに違法性はないのか

◎2019/9/24

アポを取る際にも役立つ
の情報を更新しました。

◎2019/7/23

ターゲットを考えて作成
の情報を更新しました。

◎2019/5/30

支援ツールで自動化
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

営業リストの管理
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

効率のあがる営業リスト
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「リスト 管理」
に関連するツイート
Twitter

返信先:若い人が入りたいと思える自治会が理想だけど高齢化だし難しいな🤔 我が家は震災時に備えて自治会入会してます。 避難所開設は自治会の人がしてくれるし、水や食事の備蓄や避難者リスト、住民の家庭票なども自治会が管理してるので、何かあった時に自分たちに物資や情報がこないのが不安なので。。

昔はリスト管理にしてガッツリ各TLおってたけど、今は観れる時におすすめかフォロー中の上の方をちらちら見てる感じなので見逃しはたっぷりあるかも

返信先:ありがとうございます😊 ウォッチリスト管理は人によって差が出るので、自分のやり方が見つかるまで大変ですよね😅 参考になれば幸いです✨

返信先:推しからは喜んでもらえると思いますね! 後から管理が面倒になるのでリスト作るので充分だと思います!

返信先:文字数制限が。excelはfilterや関数も使ってリスト管理したりグラフ追加なんてのはexcelならではですね。