アポを取る際にも役立つ

アポを取る際にも役立つ

アポを取る際にも役立つ 営業リストは、自分が営業に回るエリアの会社や団体等をまとめることでより効率的に営業に回ることができるようになるものですが、優れた営業リストはアポを取る際にも役に立つものです。単に会社の名前などを羅列しただけでなく、電話番号や住所はもちろん、営業時間や業務内容なども簡潔にまとめられたものであれば、それらの情報をもとにアポを取る時間を設定したり電話をかける時間を決めたりすることができます。
連絡してもなかなかつながらずに訪問できないという事態や、訪問の約束を取り付けたのはいいけれど詳細な場所がわからないということになってしまっては、効率的な業務が難しくなってしまいます。優れた営業リストを有効に活用することは、様々な面で大きなメリットをもたらしてくれるのです。そのような営業リストを作成するためには、自身のスキルを駆使して作成するのも1つの方法ですが、専門的なサービスを提供しているリスト作成会社に依頼するのもまた1つの方法だといえます。

営業リストを使用することで成約率は上がるのか?

営業リストを使用することで成約率は上がるのか? 結論から言ってしまうと営業リストを使えば、成約率は基本的に上がります。
ただしそれは営業リストの質が確保されている場合に限るという前提条件がつきます。
そもそもなぜリストを使って営業するのが効果的かといえば、それは限られた時間と人的資源を使って営業活動を行う以上、そのリソースは可能な限り見込みのある相手に向けるべきだからです。
たとえば大型のコンテナを販売している企業が、あるリストを手に入れてそこに営業をかけたとしても、掲載されていた会社がコンテナを必要としない業種であった場合、どれだけ営業を行っても良い結果が出る可能性は低いでしょう。
逆にコンテナを必要としている会社を厳選したリストであれば、短期間に素晴らしい結果を得られる可能性が高まります。
そのため営業リストを作成したり、購入する際はまず自分たちがどういった取引先を求めているのかについて、よく考えた上でリストがその目的に合致しているかどうか確認するべきです。

新着情報

◎2022/10/26

情報を更新しました。
>営業リストはクラウドで管理が主流になってるって本当?
>営業リストの違法な売買を行う事件について
>リスクを知って適切な管理を!営業リストの漏洩対策
>営業リストが窃盗グループに渡るとどんなリスクがあるにかについて
>営業リストを売買することに違法性はないのか

◎2019/9/24

アポを取る際にも役立つ
の情報を更新しました。

◎2019/7/23

ターゲットを考えて作成
の情報を更新しました。

◎2019/5/30

支援ツールで自動化
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

営業リストの管理
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

効率のあがる営業リスト
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「リスト アポ」
に関連するツイート
Twitter

【テレアポ案件】 ○報酬 ・30,000円/1商談成約 ○概要 ・インフルエンサーマーケティングのアポとりのみ ・商談なし ・トークスプリクトあり ・顧客リストあり ○参加条件 ・20歳以上 ・1日2~3時間 週3以上稼働できる ・日中に稼働できる ・言葉使いが丁寧 ・報連相のしっかりできる方

リスト作って電話してアポ取って商談して受注する、自分でやるのは大変。代行サービスに任せればいい。打率1%と仮定して1000件電話して1件受注。1日10件電話して月200件。5ヶ月で1件受注。月あたり22万で代行サービス使って110万の投資で1件受注。粗利率20%とすると550万の売上が出れば収支トントン。

テレアポ、自作リストでコールNGでだったり直近で提案NG貰ってる所にしか架電出来ない様なリストだったりするとブルシットジョブと化する場合があるのでアポリスト作成は拘って欲しい🙏

あとちょいでPower Appsで複数ファイルもシェアポリストにファイルが添付できるツールができる😭😭😭

仕組みやプロセスって大事 2月は0.6%しかなかったアポ率が、3~5月3.2%まで改善しました やったことはhubspotの設計、定着からリスト作るとか、コールの成果の入力徹底、活動の見える化などいろいろあるけど、結果達成できることの方が少なかった件数目標が現実的になってて嬉しい